堺 武弥 先生

神奈川県横浜市出身。ドイツ国立ベルリン芸術大学にて研鑽を積む。

2001年2月に指揮デビュー。 国内外のオーケストラを指揮し、日本では東京吹奏楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル・ムジーク弦楽合奏団等で指揮をする。


アマチュアオーケストラ、吹奏楽団、マンドリンオーケストラの指揮でも活躍しており、これまでに掛川市民オーケストラ、市川交響楽団、鹿児島交響楽団、福井交響楽団、ムジカ・パストラーレ、幕張フィルハーモニー管弦楽団、千葉ニュータウンフィルハーモニー・オーケストラ、名古屋芸術大学オーケストラ、中部大学管弦楽団、浜松医科大学管弦楽団、いずみ吹奏楽団、ヤマハ浜松吹奏楽団、ナゴヤディレクターズバンド、横浜シティーウィンド・オーケストラ、岐阜聖徳学園大学ウィンドアンサンブル、会津シンフォニック・アンサンブル、クラノワ・カルーク・オーケストラ、ムジカウィンドオーケストラ、吹奏楽団「幻」、⑧strings等、数多くの団体で指揮を振っている。

そのほか、全国で展開されている、自由参加型吹奏楽イベント『自由演奏会』での音楽指導や吹奏楽コンクール審査員をはじめ、2009年に開催された第33回全国高等学校総合文化祭講師、ヤマハ浜松吹奏楽団とのCD録音、同楽団のアメリカのシカゴで開催されたミッドウエストバンドクリニックへの出演への指揮などの他に、名古屋芸術大学での指揮法、オーケストラ、室内楽の講師も務めた。
オペラ指揮者としても三木 稔作曲:オペラ《きみを呼ぶ声》の初演指揮を務めるなど国内外で活躍している。

音楽教育プログラムへの活動も行い、オランダでは、幼稚園、小学校、中学校のワークショップにも指揮者として参加、「幼稚園児のためのリズム講座」「小学生と中学生の為のオーケストラ講座」に出演、日本では小学校、中学校の音楽教室での指揮、子供から大人の合奏体験「百音の会」でも指揮、指導をおこなっている。
ふじの国こども芸術大学「手作り打楽器でサンバのリズムを演奏しよう!」で講師を務める。
知育楽器「おとでおはなし®」シリーズの監修もおこなっている。


指揮法講座も世界各地で行っており、ドイツではボン・ハンブルク、ハンガリーではセゲド、日本では北は北海道から南は沖縄で精力的に指導をしている。

現在、指揮棒メーカーPICKBOYの技術顧問、代官山音楽院講師、会津シンフォニックアンサンブル常任指揮者、掛川市民オーケストラ音楽監督、⑧strings音楽監督、岐阜聖徳学園大学ウィンドアンサンブル常任指揮者。

山口 俊一 先生

神奈川県横浜市出身。高等学校よりサクソフォーンを始める。

指揮を堺武弥、阪哲朗、エンニオ・ニコトラの各氏に師事。

これまでに、いずみ吹奏楽団、横浜シティウィンド・オーケストラ、ムジカ・パストラーレ、幕張フィルハーモニー管弦楽団、神奈川県立旭高等学校吹奏学部等を指導、指揮。